身も蓋もない他人に嫌われない唯一の方法

未分類
スポンサーリンク

他人から嫌われたくない、他人から好かれたいと思う人に知って欲しいんだけど、他人から好かれる唯一の方法は「相手の欲望を満たすこと」なんだ。

他人に好かれる話し方とか、嫌われない態度があるなんてよく言われるけど、どんなに不躾であっても、態度が悪くても相手の欲望を満たすことができれば嫌われることはないのだ。

どんなに敬語が使えて、腰が低く、柔かい物腰でも、相手の欲望を満たすことが出来なければ嫌われてしまう。

嫌われたくないからと、必死に空気を読み、媚を売っても、誰からも好かれる人間にはなれない。逆に都合の良いように利用されて、裏切られ、傷つき、悩んでしまい、人間不信に陥ってしまうんだ。

この世は、欲望と感情で出来ていて、他人の欲望と感情を読み取り、満たすことで嫌われないという願望が叶うんだ。

嫌われないように生きる

多くの人は、自分に自信が持てず、他人の目を気にして、嫌われていないかを気にして生きている。他人からどう思われているかを気にするのは、人間ひとりでは生きていけないから、しょうがないことなんだ。他人とムダな衝突をして気力、体力を消耗する必要なんてなくて、他人と上手く付き合う必要がある。

人付き合いが好きとか嫌いとか、得意、苦手なんて関係なく、現代の日本において、他人と絡まずに生きることは不可能で、多くの人は自分の欲望や感情、意見を押し殺し、他人から攻撃されないようにひっそりと生きている。

他人から嫌われたくないと思うから、空気を読み、損が少ない多数派の意見に合わせようとする。他人に嫌われたら人生終わってしまうと勘違いをして、周りの意見を探り、多くの人の意見を合わせることに全神経を集中する。

他人のエゴのために生きる

目立たないように多数派に紛れ、ひっそりと生きる必要なんてなくて、誰にも嫌われないのは、周りの人の欲望を満たし続けることなんだ。

他人のエゴを満たし続ければ、絶対に嫌われないだ。

自分の欲望、感情を抑え、他人の欲望を満たすことができれば誰にも嫌われずに生きることができる。

他人のために生きるのが正解なのか

他人の欲望を満たすためにいつもビクビクして、自分の意見も言わずに、ただただ、声の大きな人、チカラのある人の意見に同意するのはラクだけど楽しくはない。

嫌われたくないと強く思う人ほど、他人のために生きてしまう。そして、そんな人を上手く使おうと考える人、ズルい人間に利用されるんだ。

他人の欲望を満たし続けることができれば、嫌わらないんだ。だから自分の考えや意見を少しずつ認めて貰う努力が必要で、自分で考えた意見が言えるようになれば、他人のためじゃなく、自分のために生きることができる。

自分の意見や考え方を押し殺すなくても良くて、自分の意見を主張した上で、相手をリスペクトし、欲望を満たし続けることが大切なんだ。結局、あなたの人生はあなたのものであって、僕の人生は僕のもの。自分で判断して生きる方がストレスは少ない。

他人の欲望を満たせば嫌われない

嫌われるのが怖いなら、空気を読み、相手の感情を逆撫でしないで、相手が求めていること、欲望を察知し、満たす能力が必要だ。

話しているときも「この人は何を求めているんだろう?」とか「どんなことを言ったら、喜ぶだろう?」と脳みそをフル回転させて生活をする。

嫌われる人と好かれる人の差は「期待通りの行動が出来るか、出来ないか」なのだ。

人間、誰しも同じ価値観ではない。同じ考え方が出来ないからムダな摩擦を生まれるし衝突をする。

他人に嫌われる理由は「相手の期待通りにエゴを満たすことができないから」なのだ。理不尽なんだけど、世の中は欲望と感情で動いている。

好き嫌いに「正しい」とか「間違っている」なんてことはなくて、あるのは『欲望』そして、欲望が満たされないことによる『感情』なのだ。

こんな話をすると身も蓋もないけど、正しいことをする人が好かれるのではなく、他人の欲望を満たす人が好かれるのである。

なので、嫌われたくないと思うなら、相手の欲望を見抜き、先回りして満たしてあげること。それが他人に嫌われない唯一の方法なのだ。

嫌われないように、察するチカラ、空気を読むチカラを身につけよう。

未分類

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
シリスタ(別館)

コメント

タイトルとURLをコピーしました