ムダな努力で疲労してない? ツラい努力なんて必要ない!!ラクして成功する方法

未分類
スポンサーリンク

成功に近道なんてないから、コツコツと努力を続けなさい。
人生に一発逆転なんてあり得ない。

そんな風に教えられてきたけど、それは違うよ。実際は全然違うんだ。

なお
なお

ローマは一日にして成らず

ひらめ
ひらめ

そんな言葉に騙されて、ムダなことを続けている人が多いんだっ

現実社会では、地味な努力を続けたのに成功していない人なんて星の数ほどいるし、運良くチャンスをものにし、一発逆転し成功した人もたくさんいる。だけど『努力第一主義』の布教を熱心に行うヒトと「努力は必ず報われる」という妄言を信じ、報われない努力を続けてしまうヒトが多くて、さらに間違った努力なののに自分のやっている努力は正しいと勘違いし、面白くもない苦行を続けるハメになってしまう。

成功するか、しないかの大部分は運でしめられていて、努力の量なんて関係ないのに、がむしゃらに努力をすれば、成功するなんて信じている人が多過ぎて、ホトホト困ってしまう。そんな考え方が、格差と貧困を生み出し、日本を衰退させ、不幸な人間を多く作ってしまったんだ。

なお
なお

待て待て。人生は運次第だってこと?

ひらめ
ひらめ

人生は運次第で、頑張れば成功するなんてウソなんだよ

虎視眈々と一発逆転を狙わなければ、成功するチャンスなんて訪れず、いつまで経っても人生は好転しない。

成功できない人の多くは、勇気が出せず一歩が踏み出せなかったり、チャンスが目の前に転がっているのに、ぼーっとして、見逃してしまったりしている。つまり、チャンスを掴めなかった人が成功できず、たまたまチャンスを掴んだ人が成功するのであって努力の量は関係ないんだ。

努力は「人生を一発逆転させる確率」を上げるための行動で、コツコツと地味な努力を積み重ねても、歳を重ねるだけで状況は何も変わらない。状況が変わらなければ、現状維持しか出来ず、成功することは難しい。状況を変え、成功する確率をあげるのが『本当の努力』であって地味にコツコツ続けることは、努力ではなく苦行なんだ。

なお
なお

本当の努力?

ひらめ
ひらめ

地味でツラいことを続けるのが努力ではなく、努力とは成功するために必要なことをすることなんだよ。

努力を続ければ成功するというウソ

こんな話をすると「努力は無駄にならない」「努力は必ず報われる」なんて反論をしてくる人が必ずいるんだけど、そんな反論をしてくる人の中に成功者は、ほとんどいない

もちろん、成功している人は努力をしてきているんだけど、目的もなく地味な努力をしてきたわけではなく、成功するための目標を立て、その目標を達成するために何をすれば良いのか、どうすれば目標に近づけるのかを吟味し、実践し、反省し、やり方を柔軟に変える「本当の努力」をしてきたんだ。

親や先生、多くの先人たちは「努力をしなさい」と言ってくるけど、成功するために必要なことなんて知らず、努力をすれば成功するなんて妄言を押しつけているだけなんだ。

「努力すれば成功する。成功しないのは努力が足りない」なんて言うけど、死ぬほど努力をしても成功して人は星の数ほどいて、大して努力をしていないのに大成功をする人だってかなりの数いる。そして、運良く成功した人の努力が正しい努力と認められ、努力をしたけど成功できないと「努力のやり方が間違っていた」と言われるだけなのだ。

なお
なお

努力のやり方が間違っているってなんか切ないね

ひらめ
ひらめ

そう言われない為にも成功する確率をあげるのが「本当の努力」なんだよ

努力を押しつけてくる理由

努力をすれば必ず報われるという『努力第一主義』の人たちが巷に溢れ、布教活動をするのは、二つの大きな理由がある。

ひとつ目の理由は、自分が叶えられなかった夢を他人に託し、実現して成功の擬似体験を味わいたいと思っているからなんだ。自分はツラい思いをせずに他人に努力を押しつけ、成功を味わいたいと姑息で卑怯な考えで努力を押しつける。

そんな人の多くは「自分が成功しなかったのは、努力が足りなかったからだ」と勘違いしていて、「コツコツと努力をすれば成功したハズだ」という妄想に取り憑かれ、類稀なる努力をすれば成功できたと思い込んでいるんだ。

自分のやってきた努力は間違ってなかった。ただ時間が足りなかった。という勘違いをしている。

ひらめ
ひらめ

誰でも自分の過去を否定されることを嫌い、自分は間違ってなかったと自己弁護するのだ

そんな人の中には努力を続ければ成功する根拠なんて存在しない

成功する方法を知らないから、自分より努力をすれば成功するんじゃないか。と勘違いを押しつける。さらに、健気に、ひたむきに頑張る姿を見て感動している。たとえムダな努力でも関係ない。

なお
なお

確かに、努力している姿は美しく応援したくなるね

ひらめ
ひらめ

将来の成功は二の次で、今、頑張ってる姿に酔っているんだ

そして、もうひとつの理由は、ラクをして成功をされると困るからなんだ。

自分がツラい思いをして成功ができなかったのに、誰かがラクをして成功をするのに耐えられない。ラクすることは悪だと勘違いしている。成功する方法を見つけられなかった自分を超えて欲しくないんだ。

現実社会には、ラクして成功する方法は、そこかしこに転がっていて誰でも手に入れるチャンスはある。だからコツコツと努力をする必要なんてない

なお
なお

継続する努力って必要だと思うよ

ひらめ
ひらめ

継続して努力するのは大切なんだけど、何も考えずに続けていても歳を重ねるだけで時間のムダなんだ

なお
なお

努力をしないで成功はないでしょ?

ひらめ
ひらめ

努力なしでは成功しないけど、少ない努力で成功する方法はごまんとあるんだ

ラクして成功する人の裏側

成功する確率を上げる、人生を一発逆転させるための本当の努力は、我慢して続けるものではなく、成功のチャンスに気づく洞察力、チャンスを見つけたら行動する勇気、そしてチャンスを増やすための政治的なチカラを身につけることなんだ。

テレビやネットのニュースで「努力なんて思ったことはない」とか「気がついたら今の立場にいた」という成功者の話を聞いたことがあると思う。それは謙遜しているわけでも、嘘をついているわけでもなくて

どうすれば成功するかに気づき、そのためにどんな行動をすれば良いかを考え、実践できた人が成功しているんだ。

言い換えると「どうなりたい(目的)」とそのためには「どうする(過程)」に気づいた人が成功者なんだ。

必死に頑張っているのに結果が出ない場合は目的、夢、希望する姿が明確になっておらず、努力をしているようで、何も状況を変えられず、ひたすら負のループに入ってしまい、最終的には努力(過程)をすることが目的になってしまっていることが多い。結果を出すこと(成功すること)が目的なのに、過程(努力)が重視してしまい、結果的に本人が望まないムダな努力を続けてしまっているなんてことが多いんだ。

ひらめ
ひらめ

成功するのは、現状維持じゃ不可能で、少しでも状況を変化をさせる必要がある

なお
なお

状況を変えるためには何をすれば良いの?

非常識な成功法則

こんな話をすると元も子もないんだけど、人生で成功するかしないかは、ほとんど運で決まる。努力の量ではなく、運良く成功するチャンスを掴めるかどうかなんだ。

成功に近づくためには、地味な努力を続ける必要はなくて、ラクして成功する方法を探すことが本当の努力なんだ。ラクして成功する方法を運良く見つけることが出来れば、誰でも成功できる。

ラクして成功する方法はたくさんあって、地味な努力なんて必要ない

例えば、スキルも能力もないからと時給1,000円しか稼げず、労働時間を増やし、死物狂いで働く・・・。なんてムダな努力で、ラクして稼ぐ方法を探した方が断然いい。

なお
なお

働けど働けど我が暮らし楽にならず。じっと手を見る。

必死に勉強をして、時給5,000円稼げるスキルを身につけた方がよい。それが近道であり、一発逆転する努力なんだ。

目の前のことに一生懸命、打ち込んでいる姿は美しい。ただ、それが成功につながるか、もっと効率がよい方法はないかを考えないと続けてもクソの役にも立たないムダな努力になってしまうのだ。

目的、目標を決め、その実現のためには何をするのが効率的かを吟味し、実践し、反省し、改善していくことが本当の努力なんだ。

なお
なお

まずは、しっかり目的を認識する必要があるんだね

ひらめ
ひらめ

目的がない、忘れてしまっているから間違った努力になってしまうんだ

蛇足だが、時給計算をしてみると、時給1,000円で毎日10時間、月20日の仕事を1年間コツコツと働くと240万円稼げる。時給5,000円なら1日8時間、60日で240万円を稼ぐことができる。例え、スキルを身につけるのに9ヶ月かかっても3ヶ月で追い越す。

この差は未来永劫ずっと続く。一度スキルを身につけただけで何倍もの差ができ、数年後には圧倒的な差になるんだ。ムダな努力をしている人と本当の努力をしている人の差が広がっていくのは一目瞭然。こんなことは実社会で頻繁に起こっている。

これは仕事だけではなくて、勉強だって、スポーツだって成功するためにはコツコツと努力を続けるよりも、一発逆転をするためにどうするかを考えて行動をすることが大切なんだ。

受験勉強であれば、ラクして点数が取れる勉強法があるし、スポーツであれば、効率のよいトレーニング理論が構築されている。そんな手法を知れば、圧倒的なスピードで成功に近づける。地味な努力を続けている人とは差が開く一方になのだ。

なお
なお

確かに予備校や塾で点数稼ぎのコツを教えてくれるね

ひらめ
ひらめ

スポーツだって、上手くなるためのトレーニング理論が確立されていて、昭和の頃のように、がむしゃらに努力をするのではなく、短時間で結果を出すことが出来るんだ

ラクして成功するためには

本当の努力とは成功する方法を知り、成功する確率を上げるための行動なんだ。そのためには、目的をはっきりと認識し、達成するためには何をすれば良いかを考える必要がある。ただ、ひたむきに頑張っているだけじゃ何も変わらない。

成功に近道なんてないから、コツコツと努力を続けなさい。
人生に一発逆転なんてあり得ない。

なんてことはなくて、一発逆転や近道はいたるところに転がっている。ただ多くの人は、一歩踏み出す勇気がなかったり、ぬるま湯に浸かって、ぼんやりと生きているために見逃しているだけなのだ。成功するためのチャンスを見つけるチカラを鍛えること、チャンスの絶対量を増やすための行動が、本当の努力

努力は必ず報われるなんていう妄言に惑わされず、一発逆転で成功する方法、成功への近道を見つけるんだ。

未分類

最後までお読みくださりありがとうございます。
この記事が気に入っていただけたらシェアしてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク
ひらめをフォローする
シリスタ(別館)

コメント

タイトルとURLをコピーしました